法人の皆様へ

 

エグゼクティブ・コーチング

コーチングは、人が心の奥の願いとつながり、
潜在的に眠る可能性を最大限に発揮する
ことを支援する対話です。

エグゼクティブ・コーチングでは、上司・部下・同僚のヒアリングに基づくフィードバック提供をキックオフとし、一定期間(6 か月など)定期的に一対一で対面セッションを行い、リーダーやエグゼクティブの成長と変容を支援させていただきます。

こんな課題に・・・

  • 後継者を育成したい
  • 組織変革に伴い自己変容が求められている
  • 重要な関係性を修復したい
  • 経営ビジョンを確立し浸透させたい
  • 仕事と人生全体のバランスを確立したい
  • 異動や昇進に伴う適応性を養いたい

コーチングによる変容例

  • 権威型から受容型リーダーシップへ
  • 方向性の迷いからビジョン確立と実現へ
  • 過度な思考型 からハート・腹・頭全活用へ
  • 関係性の悪化 から 信頼回復へ
  • 自信喪失から独自の影響力発揮へ
  • 個人完結型 から オープン対話型へ

 

 

ツイン・エネルギーTM
for Leaders & Teams
(1日コース)

このトレーニングは、リーダーそれぞれの成長を加速させ、
チームが新たなステージへと進化することを助けます。

こんな課題に・・・

  • Diversity & Inclusion の意識を高めたい
  • 自分たちのチーム文化を理解したい
  • リーダーそれぞれの成長を加速させたい
  • チーム内コミュニケーションの質を高めたい
  • 多様な リーダーシップ・スタイルの違いを活かしたい
  • 互いによく知り合い、チームのつながりを深めたい
  • チームとしてビジョン達成に向けて次のステージに進化したい

導入によって得られること

  • 私たち誰しもが内にもつ「女性性と男性性」の特質に基づき、それぞれが自分のリーダーシップ・スタイルの強みや特性を再認識する。
  • 他者のスタイルを理解し、互いの違いを認め、強みを活かしあうDiversity & Inclusion の意識を育てる。
  • チームにおける個々のパーパス(存在意義)を確認し、それぞれが成長に向けて一歩踏み出す。
  • チーム文化を女性性と男性性のバランスという観点から見直し、その偏りから全体がどんな影響を受けているのか理解する。
  • チームに元々備わる女性性と男性性の両方の力を解き放ち、ビジョン達成に向けてチームを大きく前進させる。

 

参加された方の声

  • 特に組織のリーダーや人を率いていく立場の方に、女性性と男性性について学んでほしいです。両方が揃って初めて上手く前に進めるのではないかと思います。女性性のあり方を知るリーダーが増えると、社会全体のあり方も変わってくるような気がします。(化学系企業 課長)

  • ツイン・エネルギーTMを学ぶことは生物学的性別と離れ、自分はどういう人間なのかに迫ることだと思います。自分に関わる人々が、いかに自分と違うかを理解し、自己開示に努めると、Diversity & Inclusion を深めることに繋がると感じました。(医学博士)

  • 人それぞれがもつ女性性・男性性のリーダーシップ・バランスによって、コミュニケーションの仕方や情報の受け止め方にかなり違いがあることが、とてもよく理解できました。このトレーニングによって、異なる相手を「受け止めることができる幅」と「伝える時の柔軟性」が高まったのでは・・・と感じています(製薬会社 部長)

 

 

オーダーメイド・プログラム

対話促進型のファシリテーションに基づき
リーダーシップ開発や望ましい組織文化の実現に向けて
様々なワークショップや場づくりをお手伝いしています。

活動実績の例

  • コーチング導入のための社内トレーナー育成 (医療機器メーカー)
  • 新任管理職向けコーチング研修 (化粧品メーカー)
  • 女性リーダー向けグループコーチング(製薬会社)
  • シニアリーダー育成の旅(ラグジュアリーブランドビジネス)
  • 組織文化変革のためのオフサイトミーティング(小売りチェーン)
  • 意識調査に基づく組織開発セッション(医療機器メーカー)
  • 個人とチームのエンパワメント合宿(非営利団体)
  • ピア・コーチング導入支援 (ラグジュアリーブランドビジネス)