あらゆる人が周囲に貢献しようと努め、
どの人もリーダーであることが周知され、
それぞれの声が尊重される…

不安定で複雑かつあいまいな環境の中、
そうしたカルチャーが存在したら、
メンバーは何を実現するでしょう

fuudoカルチャーシフトとは、チームや組織のカルチャー(意識や行動様式)を、望ましい状態に転換することを指します。

カルチャーは、そのチームや組織が持つ独特の雰囲気やメンバーの意識や行動様式を司るもので、年月を経て創られた「目に見えないチームや組織の体質」ともいえます。このため、カルチャーシフトが起きるためには、トップマネジメントを含む一人ひとりのメンバーの自ら変容しようとする強い意志が必要とされ、徐々に浸透させながら進んでゆくものです。Deep Harmonyでは、組織のマネジメントと強くパートナーシップを結び、カルチャーシフトのプロセスをデザインし、対話のファシリテーション含む様々なアプローチで支援します。志すカルチャーに向けてそれぞれの人がその体現者となり、カルチャーシフトのイニシアティブをとることをサポートします。

カルチャーシフトのテーマ例:

• 過度な短期・結果至上主義から、やりがいと自主性へ
• 過度なトップダウンから、多様な声・才能の発揮へ
• テリトリー主義から、チームや部門を越えたコラボレーションへ
• 特定メンバーの活躍から、多様性あふれるメンバーの活躍へ 他

活動実績:

• 社員向けサーベイに基づくコンサルテーション(医療機器メーカー)
• カルチャーの見直しを目的としたシニアリーダーチームの合宿・継続的対話支援
(エンジニアリングサービス)
• チームのカルチャーシフトと各メンバーの行動変容支援(情報通信会社) 他
• カルチャーシフトを目的としたオフサイトミーティング(ラグジュエリーブランドビジネス)